インタビュー&寄稿

【元駐在妻起業家インタビュー】ライフコーチ 木下早苗さん

 

今回は、コーチングを受けたことのない方向けに、私がインドネシア帯同生活中にお世話になったライフコーチをご紹介します。

先日の記事「海外在住者が起業前にはじめておきたい3つのこと」でお話した自分と向き合うことパートナーと話し合うことは、起業するしない関係なく帯同生活を楽しく過ごすうえでとても大切なことです。ただ、実際したくてもできない、わかっていてもなかなか進まないこともありますよね。そんなときは、1つの方法として、コーチングを試してみてもよいかもしれません。

私自身は、帯同中、ジャカルタキャリアカフェのご縁でコーチングセッションを月に1,2回受けていました。頭の中を整理したり、帯同生活の「今」に集中して過ごすことをサポートしてもらいました。早苗さん、その節は大変お世話になりました、それではまず自己紹介からお願いします。

 

 

木下早苗です。2014年末〜2020年3月まで、インドネシアのジャカルタに家族で住んでいました。本帰国後の現在は、”「うまくいかない」を超えたいあなたのライフコーチ”として、自分を信じ、思いのままに生きていきたい方の応援をしています。

 

 

早苗さんはとても聞き上手で、話しやすい雰囲気をもっていますよね。質問の投げかけに自分で考えて答えることで、セッションが終わったころにはいつもスッキリしていたことを思い出します。私は帯同以前はコーチング自体にあまりなじみがなかったのですが、コーチングとは何か、改めて簡単に説明をお願いできますか?

 

 

コーチングは、人生を真剣に生きたいクライアントの成長を支援する、コーチとクライアントの総合力で織りなすパートナーシップである(©︎LCW)、と私は考えています。具体的には、クライアントが自分について学び、成長していこうとする過程をコーチが対話を通してサポートしていきます。クライアントさんのこうありたい、こうなりたいというビジョンへ向かって協力しあっていくイメージです。

 

 

自分がどうありたいかのビジョンって、1人で考えるより誰かに質問を投げかけてもらいながら対話の中で見つけていく方が楽しかったりしますよね。そのビジョンに向かっていくのも、誰かがサポートしてくれると心強いと感じることも多いと思います。

コーチングは基本は1対1でお話するかと思いますが、そうするとコーチとクライアントの相性というものもやはりあるのでしょうか。早苗さんのコーチングの特徴もお聞かせください。

 

 

コーチとクライアントの相性はありますね。私も、コーチになる前にコーチングを受けたことがありますし、コーチの知り合いもたくさんいますが、本当にいろんな方がいるんです。人柄、人間性そのままがコーチの特徴として出てきますので、体験セッションを受けたりして、ご自身と合うかどうか肌で感じる事は大事だと思います。自分と似たような経験のある方をコーチにされる場合も多いですね。

私のコーチングは、自己基盤という、自分らしく生きて行くための心身の土台を整えることを目的にしています。具体的には、自分を知り、どんな自分も受け入れられるようになることです。セッションを通じて、「どんな自分でも大丈夫!と思える私」に成長して行くことをお手伝いしています。

 

 

早苗さんが最初にコーチングを受けたきっかけもお聞きしてよいですか?

 

 

私の場合は、そうですね、ジャカルタで暮らし始めて、仕事も自分の居場所もない生活にとても不安を覚えていました。そもそも、駐在後はそれまでの仕事とは違う仕事がしたい、自分のペースで仕事をしていきたいという気持ちもあった。では何をしたい?と思った時に、元々コーチという仕事に興味があったこともあり、まずは自分が受けてみよう!と思い、ご自身も駐在妻としての経験があったコーチを探してセッションを受け始めました。

 

 

なるほどですね。帯同中にコーチングに出会う方、多いですよね。帯同って大きなライフイベントなので、一歩立ち止まって考えざるを得ないからでしょうか。Expatfamily.netの読者さまのなかには、ご自身のライフキャリアやパートナーとの関係、お子様がいる方はお子様の教育等についてフラットな視点で見つめなおしたいと考えている方もいらっしゃるかと思うのですが、そういったケースではコーチングを受けることでどんな効果が期待できますか?

 

 

どんなテーマでも、まず自分を知ることが始まりだと思います。ライフキャリアを見つめ直したい方は自分がどんな働き方をしたくて、どんな仕事が好きで、やりたいことは何で、とか、パートナーとはどんな関係を築いていきたいのか、お子様に関してはどんなことに興味を持っているのか?何をしてあげられるのか?ということを考えると思うのですが、まず、私はこう思っている、と自覚するのが大事だと思っています。そして、それは私の考えである、ということ。良いかどうか、受け入れるかどうかは相手が決めること。過去と他人は変えられない、と言いますよね。自分でコントロールできることと、コントロールできないことを区別し、自分が変えていけることに集中できるようになると思います。

 

 

自分が変えていけることに集中する、大切なことですね。さて、今回はExpatfamily.netの読者さまに6月限定初回無料体験セッションをご用意いただけるとのことで、ありがとうございます!初回セッションについて概要を教えていただけますか?準備することなどあればそちらも。

 

 

ご紹介ありがとうございます。初回体験セッションは90分〜120分です。お互いの簡単な自己紹介と、実際のセッションが45分、その後、ご希望の方に継続セッションのご案内をさせていただいています。セッションはZOOMで行います。お申し込みはHPのお申し込みページからか、インスタのDMからでも受け付けております。かづささんのHPを見た、と一言添えていただけますと助かります。お申し込み後に実際の日程を決めさせていただくので、6月中にご連絡いただければ、実際のセッションが7月以降になっても大丈夫です。まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

ちなみに男性やお子様でもセッション可能でしょうか?帯同者の中には、非常に忙しいパートナーや海外生活に不安を感じているお子様のことが心配な方もいらっしゃいます。

 

 

もちろん大丈夫です。ただし、もしお子様に受けていただきたい、とお父様やお母様がお考えの場合、お子様本人がコーチングを理解して、受ける、という同意がないとお受けすることはできません。また、守秘義務がありますので、たとえお子様でも、本人の同意がない限り、どんな話をしたかをご両親に対してこちらからお伝えすることはありません。それから、コーチングはカウンセリングとは異なりますので、カウンセリング対象の方はコーチングを受けていただくことはできません。海外の方もお受けしていますし、お客様にもいらっしゃいます。もちろん、日本にお住まいの方も大丈夫です!

 

 

気になる方はぜひこの機会に早苗さんの初回無料セッションお試しくださいね。早苗さん、本日はお忙しい中ありがとうございました!

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です